月別アーカイブ: 2011年2月

【ガジェット】iPhoneで動くミニロボット!

tankbot_3d

Desk Pets社のTankBotは、お財布に優しく手軽にミニサイズロボットが手に入る。ラジコンモードだけではなく、放置しても走り回る自動モードや、内蔵の赤外線センサを使った迷路脱出モードも搭載。6月発売予定で、お値段20ドルほど。

»【ガジェット】iPhoneで動くミニロボット![...]

【iPhoneアプリ】町がホラーな世界に変わる!?

paranormal_3d

このアプリ『Paranormal Activity: Sanctuary』は、ホラー映画『パラノーマル・アクティビティ2』DVD発売の宣伝としてリリースされたもので、無料でダウンロードできる。Sanctuaryでは、スマートフォンに搭載されているほぼすべての機能を利用する。実際のマップ上に、自分のまわりにある「地獄の穴」を表示させた り、カメラで周囲を調べて潜んでいる幽霊を見つけたりできる。

»【iPhoneアプリ】町がホラーな世界に変わる!?[...]

【ガジェット】本当に動くレゴで作ったマシンガン

legogan_3d

レゴブロックを使った遊びは、子どものための教育的活動の1つであるかもしれない。
しかし、『Badass LEGO Guns』というタイトルの本には、レゴで実際に動く銃を作るという大人向けの内容だ。Amazonでたった17.95ユーロで買うことができる。

»【ガジェット】本当に動くレゴで作ったマシンガン[...]

【インターネット】メガネ無し3Dはフェイクだった!

自分の頭に電気を送る装置を取り付け、高速でマブタをまばたきをさせるもの。実は技術者役の彼の目元に、3DCGで作成した映像を合成して作られたフェイク映像だった。こんなに自然に合成できちゃうなんてなんだかもう、何も信じられなくなっちゃいそうだ。

»【インターネット】メガネ無し3Dはフェイクだった![...]

【世界のニュース】土地を手に入れたわらしべ長者

warasibe_3d

最初に持っていたワラを物々交換していくうちに、最後には大金持ちになった「わらしべ長者」という夢のようなおとぎ話はみなさんご存知かと思います。イギリスでわずか1ペニー(約1.33円)からスタートして、なんとブルガリアの土地を手に入れたという男性。
どのように交換していったのでしょうか。

»【世界のニュース】土地を手に入れたわらしべ長者[...]

【面白ネタ】白い粉からお寿司ができる?外国人驚愕

susi_3d

超リアルなお寿司を作り出すおもちゃ「たのしいおすしやさん」の動画がYoutubeにアップされそれを見た外国人が、驚いている。実際に見てみると確か にリアルな寿司が完成する。いったいどういう仕組みで、ネタが製造されるのかは、不明だが結果的に寿司になるというプロセスを楽しむ知育菓子。日本の玩具 はここまで進化していたのかと、我々日本人でも驚いてしまう。

»【面白ネタ】白い粉からお寿司ができる?外国人驚愕[...]

【世界のニュース】15年前のボトルメッセージに返事

15b_3d

手紙をビンの中にいれて海に浮かべ、遠くの見知らぬ誰かに拾ってもらうことを期待するボトルメッセージ。1996年にアメリカの男性が流したボトルメッセージの返事が、15年が経ち返ってきたという報告があった。15年もの間このボトルメッセージに何があったのか?

»【世界のニュース】15年前のボトルメッセージに返事[...]

【面白ネタ】自分をダンクシュートしてしまった男

nba_3d

NBAには、ハーフタイム時などにショーとして行われるイベントがあるのはご存知だろうか?
トランポリンなどを使って、パフォーマーがアクロバティックで豪快なダンクシュートを決めたりする。しかし、今回紹介する動画に登場する男性はそんなパフォーマンスのさらに上を行く衝撃のパフォーマンスを見せた。

»【面白ネタ】自分をダンクシュートしてしまった男[...]